入れ歯denture

歯を失ってお悩みの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

当院の院長は30年以上に渡って入れ歯(義歯)治療に真摯な姿勢で取り組んできており、積み重ねてきた実績に培われた技術と知識を基に患者さまの入れ歯(義歯)に関するお悩みを解消してきました。 入れ歯は歯を失った際に一般的に行われている治療法ですが、合わない、痛む、噛めない、外れるなどでお悩みの方が少なくありません。こうしたお悩みは、質の高い精密検査と丁寧なカウンセリングを基礎にした入れ歯の作成で解消できます。当院では患者さんのライフスタイルなども考慮した上で最良の入れ歯を提供していますので、お悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット

メリット1 歯を削らない

ブリッジでは失った歯の両側にある健康な歯を大きく削る必要がありますが、ほとんどの入れ歯では残された歯を削る必要はありません。また、削る必要がある入れ歯の場合でも、ブリッジと比較すると削る量が少なく、残された歯への負担は小さく抑えられます。

メリット2 外科処置は必要としません

歯を失った場合の治療では近年、インプラントが注目を集めています。ただし、インプラント治療では外科手術が必要になります。外科手術を避けたいという方にとって、手術の必要がない入れ歯治療は大きなメリットとなります。

メリット3 どんなお口の状態でも作製できる

ブリッジの場合、両隣の歯を削って支えとしますので、両隣の歯が健康で強くないとブリッジ治療はできません。インプラント治療では、土台となるインプラント体を顎の骨に埋め込みますので、十分な骨量がなければ手術ができません。こうした条件なく、どんな口内の状態でもつくることができるのが入れ歯です。

メリット4 お口のお手入れ、メンテナンスが行いやすい

入れ歯はご自分で自由に着脱することができます。取り外して手入れができますので隅々まで簡単に清掃でき、きれいな状態を日常的に保つことができます。ブリッジやインプラントはご自分で外すことができませんので、隙間に汚れを残さないためには、天然歯よりもさらに注意深く丁寧にブラッシングを始めとしたケアを行う必要があります。

保険でつくる入れ歯と自費でつくる入れ歯

入れ歯に関して、合わない・外れやすい・痛いなどのお悩みがある場合、その多くは保険でつくられた入れ歯です。レジン床など保険適用の入れ歯では、決められた材料しか使うことができず、選択できる治療法も少ないなどの厳しい制限があります。自費診療では、材料や治療法に制限がなく、自然な見た目や噛み心地を再現し、違和感が少なく快適な入れ歯をつくることができます。保険診療の場合は安価ですみますが、自費診療はそれに比べると高価です。自費診療の場合は、痛みや違和感を抑えたい、食事や会話を気兼ねなく楽しみたい、できるだけ自然な見た目にしたいなど、目的に合わせた入れ歯をつくることが可能です。

入れ歯のメンテナンス、修理

入れ歯のメンテナンス、修理

当院では、入れ歯のメンテナンスや調整、修理も行っています。簡単な修理であれば1~2時間程度ででき、お預かりした場合でも1~2週間で修理できます。入れ歯が壊れてしまった場合、ご自分で接着剤などを使って修理してしまうと、微妙な調整ができず合っていた入れ歯も合わなくなる可能性が高く、口内のケガや残された歯にダメージを与えることもあり危険です。合わなくなってきた、壊れたなどの場合もお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯

レジン床義歯

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。金属よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。一般にレジンは、他の材料と比べて適合性がやや劣ると言われていますが、最近ではこのデメリットを改善できるレジン床義歯も出てきています。保険適応なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

金属床総義歯

PGA(ゴールド)

PGA(ゴールド)

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。金属よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。一般にレジンは、他の材料と比べて適合性がやや劣ると言われています。

チタン

チタン

軽量で異物感が少なく、温感に優れ、壊れにくいのが特徴です。また、生体親和性が高く金属アレルギーも出にくいです。

コバルトクロム

頑丈で熱を伝えやすい、といった特性があるため、金属床義歯ではよく使われることがあります。ただし、場合によっては金属アレルギーを引き起こすことがあります。

金属床局部義歯

チタン

金属床総義歯と同じく、温感に優れ、壊れにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属製のバネを使用しないため、残っている周囲の歯にかかる負担も少なく、また、周囲の人に入れ歯だと気づかれにくいという特徴があります。

費用

レジン床義歯

保険適応

PGA(ゴールド)

時価

チタン床(ゴールド)

500,000円(税抜)

コバルトクロム(ゴールド)

450,000円(税抜)

ノンクラスプ
デンチャー

300,000~
500,000円(税抜)

PAGE TOP